スターのスピード融資は総量規制対象者でも即日融資が可能

キャッシングでお金を借りようと考える人が注意したいものに「総量規制」という規制があります。お金を借りる上で大きなネックとなることもありますので、総量規制の内容と対象外となる借入方法などをチェックしていきたいと思います。

≪キャッシングの総量規制とは≫

・年収の3分の1を超えるお金を貸してはいけない

・対象は消費者金融、信販会社、クレジットカード会社

・50万円を超える貸付の場合、収入証明書が必要

総量規制とは、個人の借入に対する規制のことで、原則として年収の3分の1を超える金額を貸してはいけないという法律で決まった規制です。

例として、年収300万円の人であれば100万円までしか貸付ができなくなります。この規制により、総量規制が始まってから個人の人は年収の3分の1を超えるお金を貸金業者から借りることはできなくなりました。また、新規契約で50万円以上の借入を希望する場合や、合計の借入が100万円を超える借入申込の場合は、収入証明書の提出が義務づけられています。

収入証明書には、確定申告書類や源泉徴収票、給与明細などがあり、収入には給与や役員報酬以外にも、年金、株式による収益、不動産所得、事業所得などが含まれます。総量規制の対象となる借入は、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社となり、借入のうち以下の例外・除外となる借入を覗いた借入金額が、総量規制の対象となり、その金額が年収の3分の1を超える場合には新規の借入ができず、利用枠があっても総量規制を超える借入は原則できなくなります。

『スターの一口メモ☆専業主婦の方の総量規制の影響』

総量規制には例外的に配偶者貸付という配偶者の年収をもとに専業主婦の人に貸付を行って良いことになっています。その為、収入のない人でも配偶者に収入がある専業主婦の人であれば、法的には借入をすることが可能です。しかし、現在大手の消費者金融では申し込みも受け付けていない状況で、中小の消費者金融でも専業主婦の申し込みを受け付けているところは少なくなっています。

【キャッシングの総量規制を解除する方法はあるのか?】

キャッシングの総量規制を解除するには、返済をして借入残高を減らすしかありません。銀行系カードローンを借りることができると良いですが、銀行系カードローンの審査に通らない人は総量規制を解除して総量規制の範囲内でやりくりをしていく必要があり、一般的に難しいでしょう。
消費者金融では、総量規制の上限までお金を借りると利用がストップしてもう借りられなくなってしまうので、自分が借りられるお金はきちんと管理をして計画的な返済をしていきたいですね。

【スターのスピード融資は総量規制対象者でも即日融資が可能】

総量規制についてチェックしてきましたが、銀行系カードローンや信販会社、消費者金融から街金融までこの規制により借り入れは実質不可能となりましたが、ソフト闇金業界はどうでしょうか?ソフト闇金も例外ではありません。一般的にソフト闇金も他社での借り入れ件数は審査通過条件になっており、借り入れ件数や金額によっては審査が通らなくなってしまいますので注意が必要です。

ソフト闇金スターでは、初回融資枠を50万円以下に設定することにより、収入証明が必要なくなり、自社での審査基準を採用している為、総量規制対象内の方にも初回20万円まで融資することが可能です。申し込み方法はネット対応となりますので郵送物もなく簡単に融資まで進められ、お客様の銀行口座へ現金振り込みの為、状況に左右される事無く手軽にキャッシング可能です。申し込み受付は24時間年中無休でご対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

ご利用は計画的に

来店不要で全国即日振込・ブラックの方でも独自審査で楽々OK!
他店でのお借入が困難な方でも積極的にご融資致します。
在籍確認不要プラン有、
安心・お手軽・スピーディなソフト闇金
■お申込みは24時間受付中!■